質問脱毛が進んできたときの対処法 その1:色をつけて隠す
回答

脱毛が進んでくると
髪の毛を結わくなどの工夫をして
脱毛箇所を隠す事になります。
しかし、脱毛が進むにつれ
髪の毛の分け目をかえたり
髪の毛を結わえるだけでは
脱毛箇所をカバーできなくなってきます。
そんな時に便利なのが脱毛箇所を隠すための
黒い粉をふりかける製品なのですが、
お肌の弱い方は黒や茶色のアイシャドー、
または眉墨などが便利かと思います。
髪の毛を結わく前に肌に塗り
その後髪の毛を結わく事で、
脱毛箇所は驚くほど目立たなくなります。

質問脱毛が進んできたときの対処法 その2:付け毛や部分ウィッグ
回答

アイシャドーや髪型で脱毛箇所を隠せなくなると
カツラを使用する事を考えられると思います。
ただ、まだ毛量がある時期に全頭カツラを使用することは
頭がとても大きく見えてしまう可能性があるため
お勧めできません。
全体的に量が減っている場合は
付け毛やハーフウィッグなどが便利かもしれません。
学生さんの場合は体育などのお授業があるため、
付け毛やハーフウィッグだと不安に感じられると思います。
その様な時に便利なのがターバンです。
付け毛やハーフウィッグをターバンで固定すれば
体育などの授業のときも安心です。
ターバンといっても、洗顔をする時に使用する様な、
黒、紺、茶色の5cmほどの幅の物です。
薬局や100円ショプでも購入できます。

質問脱毛が進んできたときの対処法 その3:全頭カツラ
回答

付け毛やハーフウィッグでも隠しきれなくなった時、
その時はいよいよ全頭カツラの出番なのですが
ここで気をつけるべき点がいくつかあります。
*すぐに治ると思って好きでもない髪型にしない
*すぐに治ると思って「仮」のカツラを選ばない
*扱いやすさを重視してショートにしない
確かに脱毛症になった時には
すぐに治る事を前提にカツラを選びます。
しかし、本当にすぐにカツラを外す事ができるのでしょうか?
これは抗がん剤治療などで脱毛された方にも言える事なのですが、
髪の毛は一ヶ月に1cmから1.5cm伸びると言われています。
という事は発毛が始まって一年間で12cm~18cmと考えると、
ベリーショートになるまでに一年間。
しかも、これは全体的に生えてきた場合の話です。
もしも、ベリーショートではなく、
もう少し長い髪型を希望される場合は
早くても1年半から2年はカツラが必要という事になります。
その1年半から2年間のカツラ生活を快適に楽しく過ごすのか、
もしくは我慢をしながら過ごすのか・・・
できる事でしたら楽しく過ごしていただきたいと私は思います。
病は気からと言いますが、本当にその通りで
「普通」に生活をする事が心の安定にもつながりますし、
髪型に満足できれば外出なども楽しくなります。
私は高価な物を使用する事をお勧めしているのではなく、
ご自身が満足できる物をお選びいただけたらと思います。
もちろん、カツラはご自身の髪の毛ではありませんので、
100%満足のいく物を購入する事は難しいかもしれません。
それでも、我慢ばかりのカツラではなく
アレンジをするなどをして、楽しめるものが良いと思います。